【CASIO】G-ms MSG-1200Dの電池交換を自分でやってみた

電波ソーラー腕時計、電池交換や時刻合わせも不要で便利ですよね。

私もCASIO G-ms、MSG-1200Dを愛用しています。

さてこの時計、購入したのは2004年頃。

チャージしてもHIになるのは一瞬で、すぐMIDになり「C」の表示が出て止まってしまいます。

故障かな?と思ったのですが、調べたところ、時計には二次電池が入っており、太陽光の力で二次電池を充電しているそうです。

二次電池は繰り返し充電することで徐々に経年劣化するので、定期的に交換が必要とのこと。

そしてさらに調べると、別機種ですがご自身で電池交換している方が見つかりました。

カシオに修理依頼をすると3000円ほど。

自分で交換すれば、自己責任になりますが電池代の1600円ほどで済みます。

というわけで、やってみました!!

電池交換に必要な物

・精密機械用プラスドライバー

・縫い針などの細い物

・二次電池

 MSG-1200Dに適合するボタン充電電池CTL1616Fを用意

・メガネ拭きなどの布(電池に直接触れるのを防ぐ)

・ピンセット(あると便利かも)

電池はAmazonにて購入しました。

いざ!電池交換!

まず外観。

時計をひっくり返し、四隅のネジを外します。

ゴムの蓋を外します。

赤丸で囲んだバネを紛失すると、アラームが鳴らなくなるらしいので注意!

シールをそーっと剥がします。

簡単に剥がれます。

電池の押さえが出てきました。

暗くてピントも合ってなくて本当に申し訳ないですが、赤丸で囲んだ場所に小さな穴が開いています。

この穴に縫い針を差し込み、時計の外側に向かってクッと力を入れると、ピンッと簡単に押さえが外れます。

押さえが上がったら電池を抜きます。

女性は素手で抜けると思いますが、指が太い方はピンセットなどを使いましょう。

交換用の新しい電池を素手で触らないようにしながらセットして、全てを元に戻します。

お古の電池。

1616のあとにFの表記がないですが、新電池とメーカーも同じ電池ですね。

長い間ありがとうございました。

電池交換後、全ての設定がリセットされているので、取扱説明書などを参考に、手動で西暦・日付などをセットし直します。

窓際や屋外など、電波がよく届くところで、時刻を受信したら完了です。

終わりに

いかがでしたか?

時計本体のお目汚し失礼いたしました。

電池交換はとても簡単かつスムーズにできました。

あくまでもこちらの記事は参考に、ご自身の自己責任で行ってくださいね!

お気に入りの時計が長く使えますように、最後まで読んでくださりありがとうございました。

記事下のいいね♡をポチッとしていただけると励みになります。

ログイン不要ですので、ぜひお気軽によろしくお願いいたします。

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住。 掃除と片付けが大好きな30代専業主婦。 家族は夫、男女2児、そして犬。 今日もモップ片手に、犬の毛玉と戦います。