羽毛布団を洗濯機で洗ってみた

アクロン

こんにちは、名瀬みつほです。

久しぶりの更新です。

そろそろ肌寒くなってきたので、今日は羽毛の肌掛けを準備しました。

春に干してきれいにしまっていたのですが、袋から取り出した途端くしゃみが。

そう、花粉です。

これでは快適に寝られないし、かといって布団クリーニングは時間もお金もかかります。

というわけで、失敗覚悟で洗濯機にぽいっとしてみました。

それではレビュー始まります。

使用したもの

洗濯機:Panasonic NA-FR80S3 8kg 縦型ドラム

洗剤:LION アクロン おしゃれ着用洗剤

布団の洗濯表示はこちら。

洗濯表示 洗濯表示 洗濯表示

洗濯開始

容量の都合上2回に分けて洗濯しましたが、内容は同じなので写真を2枚ずつ載せながら記述します。

洗濯機 洗濯機

はみ出さないようにくるくるっと緩く巻いて、ドラムに入れます。

ネット使用の表示がありましたが、絡むものもないのでそのままです。

洗濯機

上質おうちクリーニングの標準コースにして、水量を最大の60リットルに設定します。

お湯の方が皮脂がよく落ちるので、42度設定で給湯器を付けておきます。

(我が家の洗濯水栓は混合栓です)

アクロンを規定量であるキャップ2杯分投入して、約1時間待ちます。

布団の状態

羽毛布団 羽毛布団

(干し始めた時間も1時間の差があります)

浴室乾燥機パネル

洗濯機から取り出した布団に痛みはなさそうでした。

羽毛が抜けた様子もありません。

浴室にぺちゃんこの布団を干します。

普通にバーに掛けただけです。

中の羽毛のにおいなのか、なんだか動物くさいです。

だ、大丈夫かな…??

浴室乾燥機を2時間に設定します。

途中、1時間たったら布団を裏返しに行きました。

乾燥完了

羽毛布団 羽毛布団

1枚2時間、合計3時間乾燥しました。

フワフワほかほかに乾きました。

においはすっかり消えていました。

まとめ

去年は布団クリーニングサービスに出しましたが、思い切って自宅で洗って大成功だと言えるでしょう。

ただ、浴室乾燥機がないと、乾くまでにかなり時間がかかりそうです。

実は洗濯した日は雨だったのですが、浴室乾燥機は偉大で「雨天?なにそれ?」くらいに早く乾きました。

洗濯するなら天気がとてもよく、かつカラッとした時がよさそうです。

真冬用のモッコモコの羽毛布団は、さすがに洗濯機に入りそうにないので、クリーニングサービスに出すことにします。

洗濯機が「最新型の容量12kg」とかなら大丈夫かもしれません。

いかがでしたか?

参考にしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住。 掃除と片付けが大好きな30代専業主婦。 家族は夫、男女2児、そして犬。 今日もモップ片手に、犬の毛玉と戦います。