子供の作品を整理する

作品集

こんにちは、名瀬みつほです。

今回は増え続ける子どもの作品整理術をご紹介しようと思います。

園や学校で作ってくるのはいいけれど、微妙に捨てづらい、けれどたまってしまって収納しきれない、そんな悩みを解決します。

残すか、捨てるか

まず、自分の過去の作品において「何が現在も残っているか」を参考にしてみましょう。

おそらく、上手にできたものや誰かへのプレゼントなど、特別な思い入れがあるものだと思います。

最近私の母が「どうしても捨てられなかったんだけど、あなたがどう処分するか決めて」と、幼稚園の出席帳と画集を渡してきました。

やはり我が子が初めて作ったものというのは、親にとって特別なのでしょう。

ですが、もらい受けた私はどうしたかというと、出席帳はシュレッダーに入れてしまいました。

カレンダーにシールが貼ってあるだけですし、ビニールが劣化してベタベタ。

正直ちょっと触りたくなかったです。

私の性格がドライであると言えばそれまでですが、親が残しておきたいと思うものは、子も同じ…とは限りません。

そうはいっても、画集は見返すとおもしろかったので、これだけ捨てずにとっておいてくれたことは感謝しています。

子どもからすれば、手元に残っているのは年に1個かそれ以下くらいでちょうどいいのかもしれません。

実践している整理術

捨てるといっても、全ては気が引けるし、記録は取っておきたい、こんな時に活躍するのはそう、デジタルカメラです。

私の場合、子どもたちが作品を持って帰ってきたら、まずはデジタルカメラで作品全体を撮影します。

裏にも何か描いてある場合は、裏も撮影します。

ただし撮影するのは子どものオリジナル作品だけにとどめ、はさみやのりの練習で切り貼りしただけの教材は除きます。

撮影が終わったら、作品を一時保管場所である「お宝ボックス(通称)」に収納します。

作品

写真はPCに取り込み、L版にプリントします。

箱状のもの、表裏あるものは、裏面もプリントします。

写真が乾いたら、おおまかな作成順に並べてアルバムに入れていきます。

作品集

使用しているアルバム:無印良品 ポリプロピレンアルバム L版 264枚用

あとで探しやすいように、アルバムの背表紙に見出しを付けておくことも忘れずに。

 

お宝ボックス内の作品は、学期が終わるごとに名前部分を切り取ってゴミに出します。

このとき子どもの了解なしに捨てては絶対だめです。

普段から「学期ごとに捨てるよ」と言い聞かせておくのです。

そして、そのまま忘れたりしないできちんと捨てましょう。

予告しておけば、捨てられない性格のお子さんも納得してくれる…ハズ!

おわりに

実物はなくなってしまいますが、記録としてはいつでも見返せるので、子どもたちもよく思い出しながらめくっています。

私はみんなで見られるようL版に印刷していますが、忙しくてそこまでできないという方は、PCに取り込む際に「作品」というアルバムを作ってしまえば簡単に整理できると思います。

今年度の作品からでも始めてみてはいかがですか?

最後までおつきあいくださり、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住。 掃除と片付けが大好きな30代専業主婦。 家族は夫、男女2児、そして犬。 今日もモップ片手に、犬の毛玉と戦います。