ENERUS WX03SとiPadで固定電話らしきものを作ってみた

Bluetooth

こんにちは、名瀬みつほです。

今回は我が家に余っているPHSとiPadを有効活用させてみました。

我が家は固定電話がないので、ゴミ出しなどで子どもたちが短時間留守番をする場合、急用があったら子どもと親の間で連絡ができません。

このままでは不安なので、解約してしまって子どものおもちゃになっていたウィルコムPHSのWX03Sと、私の先代iPadであるmini2を使って、ちょっと残念な固定電話を作りました。

子どものAppleIDを作成

iPadはWi-Fiモデルなので自宅に据え置きです。

ファミリー共有機能を使えば13歳以下の子どもでもAppleIDを作成できます。

名瀬家は基本的に写真を撮る以外は子どもにiPadを渡さないのですが、一応ガチガチに機能制限をかけておきます。

連絡先に私、夫、叔父叔母などの、iPhoneを持っている親戚を登録しておきます。

13歳以下はメール機能が使えないので、FaceTimeとメッセージアプリが使える人との限定通信をします。

相手が外にいたらデータを大量消費してしまうので、必ずオーディオでつなぐように教育します。

WX03SとiPadをBluetoothでペアリング

WX03Sを子機モードにし、iPadの設定からBluetoothペアリングをします。

WX03S Bluetooth WX03S

完了するとiPadの右上にヘッドホンマークが出てきます。

ここで私のiPhoneとiPadからFaceTimeしてみます。

Bluetooth

このようにWX03Sの着信履歴画面に、私の携帯電話番号がちゃんと表示されました。

WX03S

iPadの場合は電番通知なしと表示されます。

通話の開始も終了も、WX03S側でできます。

音声もなかなかクリアです。

逆に私へ発信する場合は、iPad側を操作しないと発信できません。

注意点

BluetoothオンのままiPadでミュージックやビデオアプリを使おうとすると、iPadから音声が全く出てこないので、ロック画面から赤い矢印の先のマークをタップして、

iPad

出力を選択すると、

iPad

ちゃんとiPadから音声が出るようになります。

まとめ

こんな感じで、発信先はかなり限定されてしまいますが、固定電話っぽいものができました。

「WX03SをなくしてiPadそのままで使えばいいじゃん」と言えばそれまでなんですが…。

子どもがいちいち大きなiPadを持ち運ぶより、軽い端末で通話できればいいかなと思ってやってみただけなので、鋭いツッコミはなしでお願いします^^

持ち歩いてiPad落として壊されたりしたら嫌ですしね。

お手元にBluetooth機能付きの携帯電話が転がっていたら遊んでみてくださいね。

0

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住。 掃除と片付けが大好きな30代専業主婦。 家族は夫、男女2児、そして犬。 今日もモップ片手に、犬の毛玉と戦います。